Welcome !

葉酸について

妊娠時に欠かせない重要な栄養素としてあげられるのが葉酸です。
あまり聞き慣れない栄養素かもしれませんが
赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期の母体には
必要不可欠な栄養素ですので
これから子供を持とうと考えてる夫婦
現在妊娠中、授乳中のお母さんには必ず知っておいて頂きたい栄養素です。

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で
たんぱく質や核酸の合成に働き細胞の生産や再生を助けてくれ
体の発育を促すので細胞を新しく作る場において必要不可欠な栄養素となります。
核酸とはDNA、RNAの事で
細胞の核の中にあり遺伝情報を作っていく指令を出す所をいいます。
生命の根幹とも言われ非常に重要な部分です。
赤ちゃんにとって必要不可欠な栄養素と言われるのはその為です。
母子手帳にも2002年から葉酸に関する記述が記載されるようになりました。

では、葉酸が不足してしまうと赤ちゃんにどのような影響を与えるのか!?
妊娠初期の胎児の細胞分裂が盛んな時期では
先天性の疾患をおこす危険性があります。
特に二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなります。
さらに授乳期では赤ちゃんの発育に恐れを及ぼす危険性もあります。

葉酸で過剰摂取による過剰症は報告されていません。
必要摂取量を超えても葉酸派水溶性ビタミンのために
過剰摂取した場合、尿として排出されます。
ですので過剰摂取は気にせず積極的にお母さんは摂取していくようにしましょう。

ビタミンB12について