Welcome !

ビタミンA影響について

ビタミンAは動物性食品に含まれるビタミンで、
油脂類に溶ける事ができる脂溶性ビタミンです。
ビタミンAは上皮、器官、肝臓の成長・分化に関与することで
妊娠中・授乳中の女性にとって大変重要な役割を果たします。
またビタミンAは
目や粘膜を正常に保ち、夜盲症を防ぐので
デスクワークなどの目を酷使する方には毎日摂取して頂きたいビタミンです。
さらには癌のリスクまでを軽減すると言われています。


こんな体に良い事だらけのビタミンAですが、過剰摂取は非常に危険です。
ビタミンAを手軽に摂取できるサプリメントもたくさんでてきているので
過剰摂取は控えるようにしていきましょう。
ビタミンAの過剰症の一つとしては
後頭部の激しい痛み
手足の痛み
めまい、吐き気、嘔吐、下痢
食欲不振、倦怠感、肌荒れ、睡眠障害
さらに妊娠中の女性がビタミンAを過剰摂取すると
生まれてくる赤ちゃんに影響し奇形児がうまれてくるリスクが高くなるので
妊娠中の女性はビタミンAの過剰摂取は絶対に控えるようにして下さい。

ビタミンAが多く含まれる主な食品としては
レバー、ウナギ、マーガリン、チーズ、
バター、卵、緑黄色野菜などに多く含まれます。
とくにレバーもしくは、パテのようなレバー製品を週1以上食べている方については
これ以上レバーを食べない様にして、
ビタミンAを含むサプリメントは摂取しない様にして下さい。

ナイアシンについてビタミンCについて