Welcome !

ナイアシンについて

あまり見慣れない文字かもしれませんが
ナイアシンはご存知でしょうか?
ナイアシンが不足するとペラグラになってしまいます。
ペラグラの主な症状としては
下痢、皮膚炎、精神神経障害があり
そのまま治療せずにいると死に至ります。
日本でのペラグラ患者はまれなのですが
アルコール依存症の患者には
たんぱく質やビタミン不足とともにナイアシン不足もあるので注意が必要です。

ナイアシン不足に陥る方の主な特徴は
トウモロコシを主食としている方
ビタミンB6が不足している方
イソアニシドを使用している方
ハートナップ病、トリプトファン尿症、キサツレン症候群などの代謝異常
などが挙げられます。

ペラグラにならない為にもナイアシンの供給源となる食品をご紹介致します。
動物性食品では
まあじ、うるめいわし、かつお、かんぱち、まさば、さわら、ぶり、きはだまぐろ、
牛、肝臓、豚・肝臓、焼き豚、鶏・皮なし胸肉、鶏・ささみ
などが挙げられます。

植物性食品では
水稲穀粒、そば粉、アーモンド、落花生、アボガド、えのきたけ、生しいたけ、
はたけしめじ、ほんじめじ、ひらたけ、エリンギ、まつたけ
などがあげられます。

またナイアシンの過剰摂取もリスクがあります
ナイアシンの過剰摂取の主な症状としては
一時的に顔の紅潮や、掻痒感などのフラッシング症状が起こる事があります。
また胃腸障害、肝毒性、消化性潰瘍の悪化などの副作用が報告されています。

ビタミンB12についてビタミンA影響について